部活動紹介
科学部

科学部

水族館がテレビの取材!

2月12日(金)放課後、テレビ埼玉さんが取材に来てくださいました。

ハートフル桶西水族館が、

 あなたとツクルまちコミュニケーション情報番組「マチコミ」月~金 16:30~17:45 の中の

「どうぶつたちのつぶやき」のコーナー で紹介していただけることになりました。

撮影は、まず科学部員全員がそれぞれ自分のイチオシの魚の前で、番組ディレクターの方からインタビューを受けることから始まりました。部員たちはとても緊張した面持ちでしたが、カメラを向けられるとしっかりと受け答えができていたように思います。とても良い経験になりましたね。お疲れ様でした。

この様子は、3月22日(月)に放送される予定で、今からとても楽しみです。

テレ玉さん、本日は有難うございました。

ハート模様のある魚

もうすぐバレンタインデー。

ということで、バレンタインデーが近づいて、ある魚の斑点模様の1つが丸形からハート形に変わってきました。

体の斑点模様がハートに見えます!

 

この魚の名前は『スポッテッド ナイフフィッシュ』といいます。

2003年から飼育している個体で、今年18年目になります。

その名の通り、体の大きさの割には薄い刃の様な体形ですね。

 

ちょっと水槽にいたずらを・・・

ハートに近づくナイフフィッシュ音楽

人にとてもなついていて、近づくとそばに寄って来ますよ。

皆さん!是非、見に来てください。

 

科学部 久しぶりの交流

1月13日放課後、星槎学園高等部 観賞魚部の生徒さん3名と顧問の先生が水族館の見学に訪れてくださいました。

皆さん真剣に科学部員の説明を聞いてくださって、疑問に思ったことをすぐに質問をし、時間とともに慣れてきた感じで1時間があっと言う間に過ぎてしまいました。

最後にお別れの挨拶。「すごく楽しかったです!」と言われ、科学部員達は皆ニッコリ。

今年度はコロナの影響でこのような機会が少なく、貴重な時間を過ごすことができました。

ボランティア・スピリット・アワード14年連続受賞

科学部が第24回ボランティア・スピリット・アワード首都圏ブロックにおいて14年連続で受賞しました‼

今回は首都圏ブロックのコミュニティ賞をいただきました!

今年度はコロナの影響で例年通り思うように活動できない中、応募にあたり前部長の3年吉川君が3600字のレポートを書き上げ、このような栄えある賞をいただけることになり、顧問はじめ科学部員の皆で喜びを分かち合いました。

 (ボランティア・スピリット・アワードとは→ こちら

 

表彰式は規模縮小となりましたが、表彰状とメダルをいただき、12月末に埼玉中央よみうり新聞の取材がありました。

掲載された記事を読むのが楽しみです。(2月頃の予定)

素敵な絵ハガキをいただきました!

色とりどりに描かれた手作りの魚の絵ハガキ。(とても小学生が描いた絵とは思えませんね。)

「お魚が大好き!」なのだそうです。

この生徒さんの描いた絵が教育長室に飾られています。埼玉の高校にも水族館があるので、是非行ってみたらどうですか?と教育長が桶西水族館を紹介してくださったのがきかけで、本日、宮代特別支援学校の生徒さんと先生方が来館してくださいました。

興味津々で科学部員の説明を聞きながら、じっくり観察し、一時間があっという間に過ぎてしまいました。

 

最後に魚の絵ハガキをいただきました。

魚の特徴をとらえた絵の素晴らしさに科学部員もビックリ!

 

お別れの挨拶で、「とても楽しかったです!」と言われて本校の科学部員も教員もニッコリ。

桶西水族館の魚達の絵をどんな風に描いてくれるのかなぁと楽しみにしています。

 

 

 

ハートフル桶西水族館がインスタに!

12月10日(木)『コープみらい 埼玉中部ブロック委員会』のインスタグラムに桶川西高校の水族館の記事が載りました!1ツ星

‥などなど

かつてのご縁でこのように宣伝していただくことになり、温かく見守ってくださっている方々が各所にたくさん存在するという事をひしひしと感じられました。

 

 

「親子で楽しくエッグハント」に出前水族館

2020年10月18日(日)荒川太郎右衛門地区自然再生協議会主催のイベントに参加してきました!

昨年は台風19号の影響で中止となってしまったので、今年度が初めての参加です。

 

場所は荒川太郎右衛門地区自然再生地。本田航空の近く、荒川をはさんで桶川西高校と反対側にあります。

当日の参加者50名が4班に分かれ、エッグハントや昆虫観察、水生生物観察を順番にルートを変えて行いました。

我が桶西科学部は、そのうちの「水生生物観察」を任され、桶西水族館で飼育中の魚や亀を展示しました。ずらっと並んだ18本の水槽のそばで、科学部員が外来生物と在来生物の視点から説明をすると、身近に生息している生き物がこんなにいるんだ!と歓声をあげたり水槽をジッと観察したり、亀を触って喜ぶ子供たちの姿が印象的でした。

 

科学部員は翌日から中間考査というハードスケジュールでしたが、このイベントへの参加で、また一歩成長できたように感じます。

 

なお、当日の司会・進行は桶川西高校の放送部が行いました。放送部員もお疲れ様でした。

 

【番外編】

ハプニング! ~「ウナギ」の大脱走~

展示していた二ホンウナギが、準備中のドサクサにまぎれ、いつの間にか水槽のふたを押し上げ、逃げてしまいました。科学部員達の必死の捜索の甲斐あり、無事捕獲できました! ホッ。

 

関係者の皆様、大変お騒がせいたしました<(_ _)>

 

 

2学期の水族館見学のご案内

 

本日より2学期が始まりました。

水族館の見学は、平常通りに戻り 毎週 月・水・金 15:30~17:30 となります。

 

※水族館見学の際は、新型コロナ感染症対策のご協力をお願いいたします。

・入館前の手指の消毒

・マスクの着用

・1m以上の距離

館内のご案内は、滞在時間の短縮のため、質問に答える程度とさせていただきます。

1年生部員、イベントデビュー! 川田谷公民館講座 

本日9時半より「ハートフル桶西水族館講座~本物そっくり!化石のレプリカ作り~」を行いました。

参加者は桶川市の小学生親子20組、合計49名です。

本日作成した化石の見本です。

 

ソーシャルディスタンスを保つため、2部屋に分かれて作業を行いました。

班に分かれて、自分の作りたい化石のレプリカ作りが始まりました。

 

型取り後、乾燥させている間、水族館の見学や折り紙をして待ちます。

 

乾燥した化石レプリカに色を塗ります。

 

自分の好きな色に塗りました(*^-^*)

 

絵の具が乾く間、「辻村みちよ」の紙芝居や工作などを行いました。

 

素敵な作品の出来上がり~音楽 皆さん、お土産に持ち帰りました!

夏休みの楽しい思い出作りができましたでしょうか?

 

イベント後の科学部員ミーティング。

新型コロナウィルス感染症の影響で、1年生は初めての大きなイベントでした。反省点は少なからずありましたが、これからの成長を期待したいと思います。

本日は、水族館で飼育している魚についての説明に充分時間がとれませんでしたので、これを機会に、再度ご来校していただき、ゆっくり見学していただけると嬉しいです。またお待ちしております。本日は大変暑い中、有難うございました。