科学部

科学部

おけがわ春のふれあいフェスタに参加

5月7日(日) 今年も「おけがわ春のふれあいフェスタ」に科学部が出前水族館と折り紙教室で参加しました。





出前水族館では、例年通り、ピラニア、アーリー、ゴールデンゼブラを展示したほか、今年は「桶川じゃらん」でも紹介されたシリケンイモリの子どもも展示しました。





毎年、大好評の折り紙教室ですが、今年も子どもを中心に多くの方に西高科学部員が折り方を教えました。

五月晴れの中、開催された今回のふれあいフェスタですが、桶西科学部の出展にもたくさんの方々に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

2/11 今年もサケを放流しました

2/11(土) 昨年の12月に卵から孵化し、稚魚となって元気に泳いでいたサケを荒川に放流しました。

科学部は「荒川にサケを放す会」の活動に参加しています。
今回は桶川西小学校、加納小学校、こども園ひだまりも一緒に、サケが卵から稚魚になるまで見守りました。



大きくなった稚魚は浦和の秋ヶ瀬取水堰にて放流しました。
当日は科学部のOBや3年生の他、加納小学校の校長先生と親子14組も参加する中、みんなで放流しました。

 
 
 
 
 
「元気な姿で大きくなって戻って来てね~。」

1/17 埼玉新聞一面で紹介された紙芝居 べに花講演会で初披露

1月8日(日)の埼玉新聞の一面トップで、桶川出身のお茶博士「辻村みちよ」を題材とした紙芝居(科学部制作)が紹介されました。

絵は3年生の酒井里奈さん、脚本は1年生の笹本龍平君が担当しました。
 

1月14日(土)、桶川市民ホールで開催された「手をつなごうPTAべに花講演会」で、この紙芝居を初披露しました。

 
 

1/12 ボランティアスピリット賞10年連続受賞!

科学部が第20回ボランティアスピリットアワードにおいて首都圏ブロックのコミュニティ賞を受賞しました。

今年で10年連続受賞となります。

 
 


11月23日(水)の授賞式に部長の吉田美佐希さんが出席しました。

11/21 愛媛県立長浜高校訪問

11/19(土) 科学部は3年に一度の恒例行事である愛媛県立長浜高校の「長高水族館」へ研修旅行に行ってきました。

長浜高校は桶川西高校と同じく、部活動で水族館を運営し一般公開をしている学校です。
「ハートフル桶西水族館」は淡水魚をメインとし、主にボランティア活動を軸に運営しているのに対し、愛媛県の「長高水族館」は海水魚を中心とした研究活動を軸に運営しており、昨年はインテル国際学生科学フェア、日本学生科学賞などを受賞しています。




科学部の長浜高校訪問は、現在日本で2校だけの高校水族館どうしの交流活動として、平成18年に始まって以来、今回で4回目となりました。





長浜市内と長浜高校水族館を見学しました。




パワーポイントを使って科学部と桶西水族館の活動紹介を行いました。


ながこう水族館のクリアファイルをいただきました。



海なし県の埼玉県ではなかなか体験できない海釣りを体験させてもらいました。
メバルやスズメダイ、フグなどが釣れました。

次回の第5回目の訪問は3年後の夏を予定しています。

9/28 ハートフル桶西水族館にプラネタリウムが出現!

 ハートフル桶西水族館についにプラネタリウムがオープンします!

 進化をテーマとし、古代魚などを飼育、展示するハートフル桶西水族館ですが、また新たな進化を遂げました。

 直径2.4メートルの本格的なジオデシック型ドーム(多面体の球状型)を科学部員の3年生8名が夏休み中に作り上げました。
 材料は内側が白く、厚さ3mmの段ボールです。これから3種類の三角形88個を切り出して接着して組み立ててドームを作りました。
 
 
 

 投影機からは6万個の四季折々の星が映し出され、一度に大人ならば4~6人、子どもなら8人が星空を観察できます。カップルやご家族でもお楽しみいただける自信作です。
桶川西高校で魚と星空をご覧ください。
 

オープンは10月1日の勾玉祭一般公開日です。
場所は2階水族館の向かいの展示室に設置してあります。
是非、一度お立ち寄り下さい。

文化祭の後もしばらくの間展示しております。水族館の公開時間ならばいつでもご覧になれますので、科学部員一同、子ども達を中心に多くの方に、星空にも興味をもっていただきたいとの思いで、ご来館を心よりお待ちしています。

ドームは科学雑誌「ニュートン」2016年7月号で紹介されたものを参考に製作しました。
投影機はセガトイズ社製の「ホームスタークラシック」を使用しています。

川田谷小学校「まちたんけん」

6/24(金) 毎年恒例行事となっている川田谷小学校との交流「まちたんけん」で川田谷小2学年の児童と先生方が桶西水族館に来館しました。


科学部部員が子どもたちにきかせるために練習に練習を重ねた紙芝居を披露しました。
   


水族館の見学とお絵かきや工作を楽しんでもらいました。
       

本校の北川校長より、川田谷小の皆さんへお別れのご挨拶です。
 

川田谷小学校の2年生のみなさんに今年も楽しんでいただけた様です。
また来年もお待ちしております。

おけがわ春のふれあいフェスタに参加しました

5/8(日) 第7回おけがわ春のふれあいフェスタに今年も桶川西高校科学部が参加しました。
 
桶川市のマスコットキャラクターのオケちゃんも出前水族館にきてくれました。


オケちゃんと新1年生部員

  
例年のピラニアやゴールデンゼブラ、アーリーに加えて、今年はオオウナギの展示も行いました。
 
しおり作成教室も大盛況でした。

キラキラ 11/28 9年連続!ボランティアスピリット賞受賞!

 科学部が第19回ボランティアスピリット賞の首都圏ブロックでコミュニティ賞を受賞しました。
水族館の管理運営を通した地域へのボランティア活動が評価され、今回で9年連続受賞となります。

 写真は11月28日(土)に横浜で行われた授賞式に出席した様子です。


中央が3年生で前部長の相澤君です。





ボランティアスピリット賞とは

11/6 朝日小学校に出前水族館


11月6日(土) 桶川市立朝日小学校の文化祭(あさひっ子まつり)に、朝日小PTAの依頼で、桶川西高校の水族館が出前水族館として出展しました。

 
小学生たちは桶西水族館から来たピラニアなどの魚たちを珍しそうに観察し、楽しんでいました。

 
出前水族館の準備・設置、魚の説明の他、桶川市マスコットキャラクターオケちゃんの介添えも科学部が担当しました。